【Daily Choppy !】第586回:人生の99.9%は運で決まる

Daily Choppy ! アイキャッチ画像2Daily Choppy!

こんにちは。おみくじ好き、チョッピーです。

今回の記事について

人生の99.9%は運で決まる
人生の99.9%は運で決まる

今回はチョッピーの考える「人生が楽になる考え方」についてのお話です。

傲慢もネガティブも嫌われる

人間、誰しも苦手なタイプの人っていると思うんですよ。僕にもいます。

チョッピー
チョッピー

どんな人?

僕の場合は傲慢な人とか異様にネガティブな人とかが苦手ですね。「成功者である俺様の最強メソッドを教えてやろう!」みたいな態度の人も「敗北者である僕なんて生きている価値がない」みたいな態度の人もどちらも苦手です。

チョッピー
チョッピー

なるほど

まぁ、苦手とは言えども僕もいい大人ですので。どちらの方ともそれなりの付き合いはします。でも、本当に「それなり」の付き合いしかしません。深く関わりたくはない。そういう方と深く付き合っても得るモノが少なく失うモノが多いように思えるからです。

チョッピー
チョッピー

でも、苦手な人と深く付き合ってこそわかるモノもあるかもよ?

それはもちろんそうです。でも、正直、それを期待して苦手な人と深く付き合う程の労力はかけたくないのです。それに積極的にそういう方と関わっていかなくても、生きていく上ではどうせ「コミュニケーションを避けられない苦手な人」というのは何人か出てくるモノなのです。

たとえば仕事上の付き合い、役所の人、親族…など。こういう最低限の人数だけで良いです。苦手なタイプの人と関わるのは。

チョッピー
チョッピー

まぁねぇ…苦手な人と関わるのは本当に疲れるからねぇ…。出来れば関わりたくないよね、お互い。

そうなんです。で、この「傲慢な人とか異様にネガティブな人が苦手。最低限の人数しか関わりたくない」という意見ってそこまで特殊なモノではなくて、基本的には多くの方に賛同頂けるモノなのではないかな…と僕は感じています。

チョッピー
チョッピー

まぁ、そうかもね。物語とかでも「嫌われ役」はそういう側面が強調されて描かれがちな気がするし。

ですよね。「俺は傲慢な人とか異様にネガティブな人が好きだぜ!」という方がいらっしゃいましたらスミマセン。でも、やっぱり一般的には「傲慢」や「異様にネガティブ」という態度は人から避けられがちな気がするんです。僕は。

嫌われると損

ディズニーの大ヒット作『アナと雪の女王』という作品、僕、好きなんですよ。好きが高じて『アナと雪の女王2』も観に行きました。個人的には初代の方が好きですね。ディズニーの公式が公開しているこちらの動画↓のシーンが特に有名ですね。

「アナと雪の女王 MovieNEX」レット・イット・ゴー ~ありのままで~/エルサ(松たか子)<日本語歌詞付 Ver.>

さすがに7年前の作品なので今観るとCG等に時代を感じてしまうところもありますが…それでも見惚れてしまいますね。氷の城の迫力も凄いし、動画の03:03からの髪をほどくシーンとか最高すぎません? 03:06のエルサなんて、その表情も相まって美しすぎますよね。好き。

チョッピー
チョッピー

チョッピーの好みはどうでもいいです。

はい。スミマセン。僕の好みはさておき、ここは物語的にも重要なシーンです。主人公であるエルサが歌のタイトルにもある「Let it Go」を体現している場面であるからです。日本語訳では「ありのまま」と訳されていますね。

そう「ありのまま」で生きる事は基本的には良い事です。ただ、この言葉はなかなか扱いが難しい。「好き放題に生きる」との区別が曖昧になりがちだからです。

「夢」や「やりたいこと」などの「自分の前向きな気持ちに関すること」に関しては「ありのまま」に行動した方がよいでしょう。でも、前述した「傲慢」や「ネガティブ」などの「他人にとってマイナスに受け取られるコミュニケーション方法」を「ありのまま」に表現してしまうと、多くの場合、人が去っていきます。

「それでもいい」という方もいるとは思います。そういう人はそれでいいです。ただ「それは困るなぁ…」という方もいると思います。「傲慢」や「ネガティブ」という態度を取ってしまう人には実は「それは困るなぁ…」タイプの方が多いのではないかと思います。

「傲慢」も「ネガティブ」も根底には「他者からの承認を求める気持ち」がある気がするからです。そうでない方もいるかもしれませんが、もし、そうであるならば「傲慢」や「ネガティブ」を「ありのまま」に表現するのは止めた方がいい。それは根本的な欲求である「承認」から遠ざかる態度であるためです。

端的に言うとそれらは損な態度です。

傲慢な態度とネガティブな態度の原因とは?

さて、ここまで少し長めに「傲慢」や「ネガティブ」な態度のマイナスポイントについて書いてきました。長々と書いた挙句にこんなことを言うのはアレなんですけど、正直「そんなの言われなくともわかっとるわ」という内容であったのではないかと思います。

チョッピー
チョッピー

そうだよ。全部、自明な話だよ。お前はいつもそうだ。誰もお前を愛さない。

僕、ちょっと「Daily Choppy !」で「誰もお前を愛さない」を多用しすぎですね。反省。

…えっと、何の話でしたかね? そうそう「傲慢」と「ネガティブ」についてです。その悪影響なんて誰しもわかっているのに、気付けばそんな態度を取ってしまう。どうしてでしょうか。

傲慢な態度の原因として考えられるモノ

これはもう「褒めてもらいたい」のでしょう、きっと。「僕・私はこれほどまでに努力して今の能力・地位・経験を手に入れた! スゴイだろう!」という気持ちでしょう。他の原因は…ちょっと僕には思い付かないですね。

ネガティブな態度の原因として考えられるモノ

これは「慰めてもらいたい」んでしょうね、きっと。「僕・私はこれほどまでに努力したが何の能力・地位・経験も手に入れなかった…。悲しい…」という気持ちではないでしょうか。他の原因は…ちょっと僕には思い付かないですね。

「人生の99.9%は運で決まる」と思い込もう

「傲慢」と「ネガティブ」な態度の原因は上にあげた「自分の努力により得た現状を褒めてもらいたい気持ち」と「自分の努力に関わらず陥った現状を慰めてもらいたい気持ち」である。この仮定が正しいとするならば、僕にはこれらの態度を控えるためのアイディアがあります。

チョッピー
チョッピー

お、ぶち上げたね。では、聞かせてもらおうではないか! そのアイディアとやらを!

人生の99.9%は運で決まる」と思い込めばいいのです。

チョッピー
チョッピー

うん、実はそうなんだろうな…とは思ってた。だってこの記事のタイトルにも見出しにもそう書いてあるからね。でも、どうして?

そう思い込めば「現状」と「自分の努力」がほとんど結びつかなくなるからです。

チョッピー
チョッピー

…?

つまり「行為と現状は切り離して考えろ」という事です。

「傲慢」も「ネガティブ」もどちらも「自分の行為」と「現状」を結び付けて、それをワンセットとして誰かに承認してもらいたいからこそ起こる態度と仮定しました。そうであるならば、それを切り離してしまえばよいのです。

あなたが今、得ている素晴らしい能力も地位も経験も99.9%は運によるものです。あなたの努力とはほぼ関係がない。同様にあなたが今、陥ってる無能力も地位も経験も99.9%は運によるモノです。あなたの努力とはほぼ関係がない。

そう考えれば「傲慢な態度」も「ネガティブな態度」も抑えられるのではないかと思います。あなたの現状はあなたの努力とは関係がないのですから。傲慢になる理由もネガティブになる理由もありません。全てはたまたまです。偶然のなせる業です。

チョッピー
チョッピー

なんだか釈然としないけどねぇ…

そうかもしれません。でもまぁ、こういう風な考えを意識していれば、もしかしたら少しは「他人から嫌われる態度」を抑えられるかもしれませんよ。

とりあえず僕はそう考えて生きています。

チョッピー
チョッピー

ちなみになんで100%じゃなくて99.9%なの?

だって、そう考えないと今度は努力しなくなっちゃうでしょう? 努力はしないよりした方がいいのは自明ですから。それが結果に繋がるかどうかの99.9%は運で決まりますけど。

チョッピー
チョッピー

ふーん…

はい。

本日の締め

今回は僕の考える「人生が楽になる考え方」についてのお話を書いてみました。

僕は今回の記事で「人生の99.9%は運で決まる」と主張しました。ここで大事なのは『「人生の99.9%は運で決まる」という主張が正しいかどうかはどうでもいい』という事です。

このタイプの主張は正しさを証明する事が出来ません。「何をもって運とするか」の定義もあやふやですし、人生なんて人それぞれです。そもそも「決まる」という言葉の意味も不明確です。

「意味もあやふやだし正しさも証明できない謎の主張である」という前提を持ったうえで「でも生きる上では有用な考え方かもしれない」という気持ちで活用して頂ければ助かります。

本日もふらとぴにお越し頂きありがとうございます。

僕は今のところ自分の事を「幸運な人間」であると感じています。

タイトルとURLをコピーしました