【Daily Choppy !】第159回:変わらないモノは無い、という話

Daily Choppy ! アイキャッチ画像2Daily Choppy!

こんにちは。チョッピーです。

米津玄師さんの作品に「Neon Sign」という歌があります。今回の記事を書くにあたってBGMとして皆さんに聴いて頂くと雰囲気が出ていいかな?と思ってYoutubeを探してみたのですが、どうも原曲は公開されていないようで見つかりませんでした。

次善の策として「だっち」さんの弾き語り動画を貼らせて頂きます。こちらも素晴らしい動画です。

【弾き語りコード付】Neon Sign / 米津玄師【フル歌詞】

歌詞は以下のページで参照できます。

Neon Sign – 米津玄師 – 歌詞|歌ネット

この歌では「友人の変化に伴う寂しさ」と「それを振り切って前に進む決意」が描かれています。主人公がまとう哀愁と決意がダウナーでロックな曲調と米津さんのどことなく気怠そうな歌い方と声で表現されている名曲です。

僕の個人的な印象ですが「人は良くも悪くも変わってしまう生き物」というテーマは「Neon Sign」以外にも結構な頻度で歌の題材に使われている気がします。

古くは「木綿のハンカチーフ」も、まさにそれを歌った歌でしょう。歌詞は以下のページからどうぞ。

木綿のハンカチーフ|歌ネット

この歌は明るい曲調と可愛らしい歌声で、それとは対照的な胸が締め付けられるような展開が歌われています。この歌に登場する人に悪い人は一人もいない。ただ、お互いがお互いの幸せを願った結果、当初、それぞれが思い描いた幸せとはまるで違う結末に至ってしまった。

「Neon Sign」では「変わらないまま歩き続ける主人公」が歌われています。対して「木綿のハンカチーフ」では「歩いた結果、変わってしまった僕と、変わらずに待ち続けていた私」が歌われています。

人は何をキッカケに変わってしまうのかわからないし、それが良い事なのか悪い事なのかもわからない。この様な「変化」に対するとまどいをストレートに歌った歌がザ・マスミサイルの「このままじゃこのままでも」です。歌詞は以下のページをどうぞ。

このままじゃこのままでも|うたまっぷ.com

この歌では「変わる事に価値があるのか、変らない事に価値があるのかはわからない。でも、生きているからこそ”変われる”のであり、そのこと自体には価値があるハズだ」という真摯な思いが吐露されています。

変わった結果がプラスに働くのかマイナスに働くのかは誰にもわからない。同様に変わらなかった結果がプラスに働くのかマイナスに働くのかも誰にもわからない。確かなのは「人は変わる事が出来る」という事実だけです。

さて、ここで僕の話に移ります。歌にするほどでは無い些細な話なのですが、今日、自分でも気付いていなかった心境の変化が自分の身に起こっている事を自覚しました。

僕、過去に転職サイトに登録していました。今は独立しているので転職には興味が無いのですが、ワザワザ解約するのが面倒なのでサイト上では登録したままにしています。そのため、たまに転職エージェントからのお誘いメールが届きます。

今日、届いたメールに「転職後の年収800万~2000万円のハイクラス転職のお誘い」といった内容が書かれていました。意外な事にこの言葉、今の僕の心には全く響かなかったんですよね。

独立する前は僕も年収やステータスに多少の関心がありました。「年収は高ければ高い方がいいし、ポジションも高ければ高い方が価値あるお仕事が出来るため望ましい」と考えていたのです。

そのために前職では異常な働き方をしていた自覚もあります。もちろん、僕がそんな働き方をしていた理由は他にもあるのですが、そちらは今回の記事とは関係ないため割愛します。

今の僕は本当に高い収入や地位に執着がありません。これは強がりでもなんでもなく事実として。なぜならば独立後の生活を経て「僕は生活レベルやステータスを下げても何の問題も無く生きていける人間である」ことがわかってしまったから。これは過去に以下の記事でも書いている通りです。

高い収入や地位を得るために異常な働き方をするくらいであれば、それを得ない代わりに人間らしい生活を行った方が100倍マシです。いや、もちろん、僕は聖人君子ではありませんので、人間らしい生活を送れた上で高い給料や地位が得られるのであれば、当然そちらの方が望ましいですよ? それらがいらないなんて一言も言っていません。ただ、優先度の問題です。

今の僕の最優先事項は「人間らしく幸せに生きること」です。これを自分自身も達成したいし、出来る事ならば、それを望む全ての人が、それを実現出来る環境を作り上げたい。ふらとぴの理念と絡めて表現すると「Make everyone happy !」の実現が僕にとっての最優先事項なのです。

過去の僕の考え方においては「everyone」の中に「僕自身」が含まれていなかったような気がします。だから例えば「朝の9時から29時まで働いて、翌日の9時からまた仕事…」みたいな働き方をしていたのでしょう。

うーん、本当に心と体が壊れる前に、その生活から脱する事が出来て良かった。

なお、今の僕はこの様に自分の変化を「良かった」と捉えているのですが、他の人から見た僕の状況が「良い」モノであるのかは僕にはわかりません。また、未来の僕にとっても、今の僕の状況が「良い」モノであり続けるのかもわかりません。

今回は「良いのか悪いのかわからないが、いずれにせよ人は変わるんだな…」と、身をもって感じた今日この頃…というお話でした。

本日もふらとぴに訪問頂きありがとうございます。

しかし「木綿のハンカチーフ」は本当に胸が張り裂けそうになる歌詞ですね。こんなの、ちょっと気分が落ち込んでる時に歌詞だけ読んだら泣いちゃうんじゃないかな。誰も悪くないのに…。ただ、環境が変わったから、そうなってしまっただけなんだ…。あぁ…。

タイトルとURLをコピーしました