【げぇむのよこみち】第7回:『九龍妖魔學園紀 ORIGIN OF ADVENTURE』をダイレクトマーケティングする

げぇむのよこみち

こんにちは。最近なぜか木村拓哉主演作品を多く鑑賞している、横道それ夫です。

なんと今回は発売前のゲーム作品に関するお話。
一ファンとして作品をダイレクトマーケティングする回です。

九龍妖魔學園紀 ORIGIN OF ADVENTURE

2004年に発売された、知る人ぞ知るPlaystation2の傑作『九龍妖魔學園紀』(くーろんようまがくえんき)のHDリマスター版がニンテンドースイッチで発売されます!!

発売日は明日!6月4日(木)です!

Nintendo Switch™『九龍妖魔學園紀 ORIGIN OF ADVENTURE』オープニングムービー

詳しくは公式HP&Twitterを見ろ!!(見てください)

公式HPがこちら→九龍妖魔學園紀 ORIGIN OF ADVENTURE

公式Twitterではキャラクターやゲームシステムを詳しく紹介してくれています。

やや濃すぎるキャラ

キャラクターデザインは結構クセがありますが、誰か一人くらいはツボにハマるキャラがいるんじゃあないかしら。

「一応」全員仲間にできます。僕のお気に入りは「真里野 剣介」です。

反応が楽しい感情入力

「一応」と書いたのはアナタの発言や態度によって、行動を共にする人しない人が出てくるから。

選択肢ではなく感情入力で相手にリアクションできるシステムがとても楽しい!

ぜひ初回プレイの際は攻略情報なしにアナタの心の赴くままに進めてみてほしいです!(僕はPS2版初回プレイ時には相当数を仲間にし損ないました。)

「プレイヤー=主人公」(性別は男性固定)

個人的には本名プレイが一押し!

前回の記事とも少し繋がりますが、「プレイヤー=主人公」が徹底された本作は物語への没入度が段違いです。(身長と体重はサバ読ませてくれや。)

ホント面白いから、みんな買え!!(買ってください)

僕は今井秋芳監督作品が好きで、東京魔人學園シリーズ、九龍妖魔學園紀、魔都紅幽撃隊と追いかけ続けています。(魔都~はチョットクセが強すぎましたが…。)

特に九龍妖魔學園紀は「横道それ夫が選ぶ面白ゲーム10傑」に選出したい傑作。
今回のHDリマスター版が続編や新作発売のきっかけになってくれたら最高ですね。

「ジュブナイル」「オカルト」「日本神話」「おいしそうなご飯」この辺のワードにティンと来たらご購入をオススメします!

アナタだけの「秘宝」を探し出せ!!

今日もふらとぴにお越しいただきありがとうございます。ではまた!!

なお、ここまで書いておきながら、横道それ夫は現在スイッチが手元にないためソフトを買うのみです。
スマン…スマン…。

タイトルとURLをコピーしました