【Daily Choppy !】第292回:テレビの有無で見えている風景がまるで変わる気がする…という話

Daily Choppy ! アイキャッチ画像2Daily Choppy!

こんにちは。チョッピーです。

今回の記事について

今回の記事はチョッピーが最近、感じている「テレビが家にある人と無い人で見えている景色が全然違うのでは?」という思いに関する随筆です。

チョッピーの家にはテレビが無い

過去の「Daily Choppy !」でも何回か書いているのですが僕の家にはテレビがありません。

突然ですが僕の家にはテレビがありません。必然的に普段テレビ番組を観る機会もあまりありません。特定の番組(相席食堂とか)だけはTVerGYAO!で観ているのですが日常的にテレビを流している…というライフスタイルではありません。

【Daily Choppy !】第176回:テレビは「感」を作る機能が非常に強いメディアだなぁ…と思ったという話(チョッピーの九州滞在記2019年12月~2020年1月編第11回)|ふらとぴ

家にテレビが無い理由や、それにより不都合の有る無し…などのお話は上の文章の引用元である「Daily Choppy !」第176回に書いてあります。もし「えぇ!? テレビが無い生活なんて考えられない!」という方がいらっしゃいましたら、こちらを読んで頂けると助かります。

新型コロナウイルスについてテレビは連日報道しているらしい

というわけで僕の家にはテレビが無いので、普段のテレビの報道はあまり目にする機会がありません。一応、世間の空気・風潮から完全に取り残されるのを防ぐために毎日YouTubeの以下の動画を軽く流してはいます。

JapaNews24 ~日本のニュースを24時間配信

こちらの動画は紹介文によると

速報ニュースを中心に、事件や政治、自然災害など時事問題から街のトレンドまで24時間配信中! 注目のニュースをまとめてお届けしています。

JapaNews24 ~日本のニュースを24時間配信|YouTube

との事で、基本的にANN系列のニュース番組をトピックごとに切り抜いた映像が(システムメンテナンス期間を除いて)24時間流され続けています。

こちらの動画やネット上の文章などを参照する限り(特にクルーズ船ダイヤモンド・プリンセスが横浜港に寄港した2020年2月3日以降)テレビは連日新型コロナウイルス関連の話題を報道し続けている様に思われます。

バラエティ番組やワイドショーなどの映像は上の動画では流れないため、それらのジャンルの番組の状況は僕にはあまりわかりません。ただ、こちらもネット上の投稿などを参考にする限り(特にワイドショーでは)連日、新型コロナウイルス関連の情報が流されている様に思われます。

テレビを観なければテレビによる演出の影響も受けない

テレビは演出により場の空気を作り出すのが非常に得意なメディアだと僕は感じています。これは今回の記事の冒頭で紹介させて頂いた「Daily Choppy !」第176回の主題にもしています。

この特性は新型コロナウイルス関連の情報にも強く発揮されている様に思えます。今回の演出は「恐怖」を増加させる報告に舵を取られているようです。

確かに「謎の新型ウイルスによる脅威」をわかりやすく伝えるためには「恐怖」の方向性で情報を伝える努力をするのが、おそらく最小の労力で最大の効果を与えるためには適切であるように思えます。しかし、それにも功罪がありそうです。

「正しく怖がれる人」であれば「脅威を回避するための適切な行動・言説」を出来ると思います。ただ、「不適切に怖がってしまう人」の場合は色々な問題行動・発言に繋がってしまう可能性もありそうです。

買い占めに走る方々や、いわゆる「正義マン」などと揶揄される人々なども、もしかすると「不適切に怖がってしまっている」ため発生するのかもしれません。

もちろん今回の危機の原因は現時点でワクチン・治療薬が開発されていない謎の新型のウイルスです。「全く怖がるな」などと言うつもりはありません。

ただ、個人的には「新型コロナウイルスの影響度合い」を判断するためには専門家の意見や実際のデータなどを参考にすべきであって「演出」に印象を左右されるのは、少なくとも今回の件に限っては、あまり適切ではない様に僕には思えます。

自分が「演出による影響」を受けやすいタイプであるという自覚がある方は、しばらくテレビ断ちをしてみるのも面白いかもしれませんね。

チョッピーの主な情報源

ちなみに僕は新型コロナウイルスに関しては以下の様なサイトから情報を仕入れています。今回の記事の最後に「家にテレビが無い人の情報源の一例」として紹介させて頂きます。

コロナ専門家有志の会

コロナ専門家有志の会
政府対策本部の専門家会議や厚労省クラスター対策班等の関係者で組織された専門家の有志の会です。全世代のみなさまに拡散してほしいメッセージをお知らせしています。一人でも多くの方に私たちのメッセージが伝わり「秒で理解、秒で拡散」されるよう努めます。ともに困難を乗り越えましょう。

新型コロナウイルス関連の専門家の方々が情報提供を行っているサイトです。サイト自身の紹介文は以下。

政府対策本部の専門家会議や厚労省クラスター対策班等の関係者で組織された専門家の有志の会です。全世代のみなさまに拡散してほしいメッセージをお知らせしています。一人でも多くの方に私たちのメッセージが伝わり「秒で理解、秒で拡散」されるよう努めます。ともに困難を乗り越えましょう。

コロナ専門家有志の会|note

新型コロナウイルス国内感染の状況

新型コロナウイルス 国内感染の状況
日本国内において現在確定している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を厚生労働省の報道発表資料からビジュアル化した

東洋経済オンラインが提供する各種公的データをまとめてビジュアル化したサイトです。わかりやすくて便利です。

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症について

厚生労働省の新型コロナウイルス関連の情報がまとまっているページです。公衆衛生的な観点での公的な情報が探せます。

経済産業省 新型コロナウイルス感染症関連

新型コロナウイルス感染症関連 (METI/経済産業省)

経済産業省の新型コロナウイルス関連の情報がまとまっているページです。経済的な観点での公的な情報が探せます。

内閣官房 新型コロナウイルス感染症対策

新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の対応について|内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室
新型コロナウイルス感染症の対応について、内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室より、国民のみなさまに向けて情報をお届けしております。

内閣官房の新型コロナウイルス感染症対策専門サイトです。総理の発言内容などを調べやすくなっています。政府の動向の参考になるかもしれません。

今回の締め

今回はチョッピーが最近、感じている「テレビが家にある人と無い人で見えている景色が全然違うのでは?」という思いに関する内容の随筆を書きました。

記事中で「正しく怖がる」という主観的な概念も書いてしまいました。何をもって「正しい」とするのかは人それぞれ異なってくるとは思います。本記事の最後には、その判断の助けとなりそうなサイト情報もまとめサイト的に列挙してみました。なにかの参考になれば幸いです。

本日もふらとぴにお越し頂きありがとうございます。

ポジティブな情報や感情であれば、その効果を演出により増大させるのは(基本的には)益が多いとは思うんですけどねー。

タイトルとURLをコピーしました