【Daily Choppy !】第413回:大阪の博物館「NIFREL(ニフレル)」に行ってきました。写真でご紹介します!

Daily Choppy ! アイキャッチ画像2Daily Choppy!

こんにちは。チョッピーです。

今回の記事について

NIFRELに行ってきました!
NIFRELに行ってきました!

大阪の博物館「NIFREL(ニフレル)」に行ってきました。写真主体で内容をご紹介します。

NIFREL

EXPOCITY
EXPOCITY

大阪の万博記念公園にはEXPOCITYという巨大商業施設があります。

日本最大級 大型複合施設 EXPOCITY-エキスポシティ-
三井不動産商業マネジメント(株)が運営する、万博記念公園の日本最大級 大型複合施設 EXPOCITY-エキスポシティ-!TVCM~くるくるダンス編公開中!

EXPOCITYはショッピングモールや映画館など多種多様な施設が含まれている複合施設です。その中の1施設に「NIFREL(ニフレル)」という水族館を主体にした博物館があります。

生きているミュージアム ニフレル
大阪の万博公園で会える「生きているミュージアム ニフレル」。

先日、こちらに遊びに行ってきました。写真主体でご紹介します。

2020年8月現在、ニフレルの入館には予約が必要です。詳しくは「こちらのページ」をご参照ください。

外観

外観
外観

大阪モノレールの万博記念公園駅からEXPOCITYに向かって歩いて3分ほど。ロゴが書かれた中規模な建物がすぐに見えてきます。こちらがニフレルです。

この日は晴天でした。青空と白い建物のコントラストが美しいですね。

1階

ニフレルは2階建ての施設です。1階は海洋生物中心の展示。まずはこちらからご紹介します。

エントランス

5周年を記念するオブジェ
5周年を記念するオブジェ

ニフレルは開館5周年。入口を抜けてすぐのところにそれを記念するオブジェが展示されていました。

館長からのメッセージ
館長からのメッセージ

5周年記念のオブジェの近くには館長からのメッセージが。

展示エリア

ここからは1階の展示エリアでみかけた生き物たちの写真を紹介していきます。

チョッピー
チョッピー

ニフレルにはここに載せている生き物以外にもたくさんの生き物が展示されています。是非、実際に足を運んでみてね!

黄色いお魚
黄色いお魚
赤いエビ
赤いエビ
カラフル!
カラフル!
ニモ…? お前はニモじゃないか!?
ニモ…? お前はニモじゃないか!?
かわいらしいおめめ(ホントは目じゃなくて鼻)
かわいらしいおめめ(ホントは目じゃなくて鼻)

2階

2階は海洋生物に加えて陸上生物も展示されています。軽食が食べられるお店もありました。

展示エリア

お眠りホワイトタイガー
お眠りホワイトタイガー
100日後に死なない方
100日後に死なない方
ふくろう
ふくろう
ビーバー。なにか食べてる。
ビーバー。なにか食べてる。
ペリカンも毛づくろいするんだ
ペリカンも毛づくろいするんだ
大きな鳥。クジャクかと思ったらハトらしい。
大きな鳥。クジャクかと思ったらハトらしい。
ペンギンは正義
ペンギンは正義

おまけ

軽食が食べられる売店で気になる商品が売られていました。食べる水。買ってみました。

食べる水?
食べる水?

半固形状のなにかが風船の中に収められています。

店員さん
店員さん

つまようじで風船を割って、中の食べる水をスプーンで食べてくださいね

なるほど。わかりました。割ってみます。

キレイはキレイ
キレイはキレイ

綺麗。食べてみた感想としてはほのかに甘いゼリーって感じでした。

チョッピー
チョッピー

ていうか、これ、ゼリーじゃないの? ゼリーと食べる水ってどう違うの?

僕には違いがよくわかりませんでした。

本日の締め

今回はニフレルの展示内容を写真でご紹介しました。

ニフレルは満足感の高い博物館です。施設自体の大きさはそれほどでもないのですが、僕は結局3時間以上、滞在していました。ここに載せた写真に写っている生き物以外にも色々な生き物が展示されていますので、気になった方は是非、実際に足を運んでみてください。

本日もふらとぴにお越し頂きありがとうございます。

僕、水族館とか動物園とか、好きなんですよね。

タイトルとURLをコピーしました