【Daily Choppy !】第567回:制限されるとわかるモノ

Daily Choppy ! アイキャッチ画像2Daily Choppy!

こんにちは。なにかと一人でやりがち、チョッピーです。

今回の記事について

制限されるとわかるモノ
制限されるとわかるモノ

今回はコロナ禍が明らかにしたであろう「それぞれにとっての価値」についてのお話です。

緊急事態宣言が延長される見通しのようですね

「政府が緊急事態宣言を3月7日まで延長する方向で調整中」という内容のニュースが伝えられています。

緊急事態宣言“3月7日まで延長”で調整|日テレNEWS24
来月7日に期限を迎える緊急事態宣言について、政府は、3月7日まで延長する方向で調整に入りました。宣言が発出されている11都府県の内感染状況が改善している栃木県については、解除を検討しています。

上の記事には『政権幹部は30日、「延長しないと考えている人はいない。3月7日まで1か月延長するのが基本線だ」と語りました。』とあります。

また、同じく記事中に『感染状況が改善している栃木については解除することを検討しています。政府内には、愛知や岐阜も解除できるのではないかとの意見もあります。』ともあります。

どちらも政府の公式な発表ではないため、本当にその通りになるのかはわかりません。いずれにしても現状は緊急事態宣言の延長が調整される程度にコロナ禍真っ只中。パンデミックはまだまだ収まってはいないのでしょう。

チョッピー
チョッピー

安全なワクチンの接種が早めに始まると良いですね。

おんもにはわるいばいきんしかいないんだぞ

緊急事態宣言と言えば思い出されるのが小池都知事がよく発言していた「ステイホーム」ですね。あとは京都大学大学院医学研究科の西浦博教授が言われていた「人との接触8割削減」とかですか。

どちらも1回目の緊急事態宣言のさなかによく耳にしました。前回の緊急事態宣言ではこれらの言葉に象徴されるように「とにかく外出するな。人と触れ合うな」という点が強調されていた気がします。

ただ、今回の緊急事態宣言においてはここまで象徴的な言葉はあまり耳にしませんね。今回の緊急事態宣言の少なくとも初期においては「感染予防を徹底するなら触れ合ってもよい」という風にニュアンスが変化していた様な気がします。発出してしばらくすると、そのニュアンスも1回目に近づいてきた気もしますが。実際、2回目の緊急事態宣言が発出されて2日後の1月10日には西村経済再生担当大臣はこの様なツイートをしています。

ニュアンスの程度の差はあれど、基本的には「不要不急の外出を控えること」を政府は求めているようです。

チョッピー
チョッピー

いくら対策をしたところで完全に感染を防ぐのは不可能ですからね。「原因の元を断つ」という観点からは「出来るだけ外出するな」となるのは、まぁ、理解できます。理解できるのと、それに実際に従うかどうかは別問題ですが…。

『千と千尋の神隠し』のキャラクター「坊」のセリフが思い出されますね。(本章の見出し参照)

坊(出典:スタジオジブリ公式サイト)
坊(出典:スタジオジブリ公式サイト

「価値」がハッキリした

時期によってニュアンスの程度の差はあれど、コロナ禍は僕達に「外出」や「対面での交流」や「実際に密になる場」などの機会を確実に減らしました。

チョッピー
チョッピー

実際、僕は去年から今に至るまで、それまでと比べて外出機会が激減しています

これには基本的には悪い事しかありません。感染症予防のためとはいえ、自由が制限されているわけですから。また、さかんに報道されている通り旅行業や飲食業や、その他の諸々の産業に従事されている方にとっては事業の危機でもあるでしょう。コロナ禍は本当に良くない。

ただまぁ、どういう状況だとしても良い面は見つけられます。僕にとってはコロナ禍における「機会の制限」によって、それぞれの「価値」がハッキリしました。

たとえば僕はどの様な状況であろうとカラオケに行けなければ多大なストレスを感じます。人との対面での交流やライブイベントへの参加は、それが出来ればとても楽しいですが無ければ無いで耐えられない程ではありません。山登りや海水浴などのアウトドア的なアクティビティは行えなくても何の問題もありません。また、僕はリモートワークやオンライン会議に何の苦手意識もありません。

コロナ禍明けの生き方に役立つかも

コロナ禍により僕は「様々な機会」を半強制的に奪われました。ただ、それにより逆説的に「出来なかった行為」や「強制された行為」の僕にとっての「価値」がハッキリとしたのです。

この知見はコロナ禍明け(アフターコロナ・ポストコロナ)の僕の行動の取捨選択に役立ちそうな気がします。「機会が与えられた」からといって、楽しくない行為をワザワザ行う必要は無いわけです。「出来ないとキツい」や「出来ると嬉しい」と思える行為だけをやっていけばいい。

読者の皆様においても今回のコロナ禍を通じて「何が自分にとって大切か」がハッキリした方は多いのではないでしょうか? 上に挙げた「価値」はあくまでも僕ことチョッピーにとってのモノです。読者の皆様にとっては、また、それぞれの「価値」があるかと思います。

僕としては「コロナ禍がもたらした個人的な教訓」として、これらを活用して「楽しい人生」を開いていきたいなぁ…と感じています。

本日の締め

今回はコロナ禍が明らかにしたであろう「それぞれにとっての価値」についてのお話を書いてみました。

本当は土日はもう少し軽めの話題の方がいいかな…と思っているのですが「緊急事態宣言延長の方向で調整」という気になるニュースが飛び込んできたので時事ネタっぽいお話にしてみました。コロナ禍、早めに収まるといいですねぇ。

本日もふらとぴにお越し頂きありがとうございます。

今回の緊急事態宣言ではカラオケ屋さんが休業していないので本当に助かっています。

タイトルとURLをコピーしました