【Daily Choppy !】第61回:自家製サウナはととのわないっ

Daily Choppy ! アイキャッチ画像2Daily Choppy!

こんにちは。チョッピーです。

今回は神聖かまってちゃんの「ロックンロールは鳴り止まないっ」みたいなタイトルですね。

神聖かまってちゃん「ロックンロールは鳴り止まないっ」

ですが、驚くべき事に今回の記事はこの歌とは全く関係ありません。

せっかく記事のタイトルをオマージュするなら、内容も歌と関連付けた方が上質で愉快な文章になるとは思うのですが、そんなに難しい事を僕に期待しないでください。そういう上質なコンテンツに触れたければ他のサイトの他のコンテンツ…例えば「ほぼ日刊イトイ新聞」の糸井重里が毎日書くエッセイのようなものであるところの「今日のダーリン」とかをおススメします。そもそも「Daily Choppy !」のコンセプトはこちらのコンテンツの丸パクリなので。あと、それよりも俗っぽい面白さを欲するのであれば「デイリーポータルZ」とかいいですよ。僕が企画する「ふらとぴ」の単発記事は、基本的にこちらのサイトに掲載されている記事の様な空気感の作品を創る事を目標に執筆されています。(積極的に内情を暴露していくスタイル)

前置きが長くなりました。本題に移ります。

皆さん、サウナって好きですか?
僕、2~3年前から唐突にサウナが大好きになってしまいまして…。
だからこそ↓の記事で紹介している様に「ととのったMAGAZINE」の存在とかを知っていた…というところもあるのですが。

【Daily Choppy !】第45回:「ととのったMAGAZINE」が凄いという話

ていうか、そもそも、こちらの記事で紹介しているサイトや動画に当たり前のように出てきて、今回の記事のタイトルにも使われている「ととのった」という表現、一体、どの様な状態を指すのか、皆様はご存知でしょうか?

僕は2~3年前に頻繁にサウナ施設(いわゆる健康ランドとかスパとかも含みます)に通う様になってから、初めて、この表現を知りました。なんか、そこの施設に貼ってあるポスターに「ととのったー」って書いてあったんですよね、確か。

この表現は僕の知るところによるとタナカカツキ氏の「マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~」にて発明された表現らしく、それが表わすのはサウナ・水風呂・外気浴を繰り返した果てに辿り着くある種のトリップ状態であると言われています。

マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~(1) (モーニングコミックス) Kindle版

「サ道」で言われている「ととのった」状態の表現を引用すると以下の通りです。

サウナと水風呂を何度か往復したら 身体をタオルでよく拭いて イスに深く腰かけたりベンチに寝たりして休憩する サウナの醍醐味はここからである じーんと身体がしびれてきて ディープリラックスの状態がやってくる 血流が身体中を駆け巡り脳に酸素がゆきわたる やがて多幸感…サウナトランス ととのったぁあああああ

マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~(1) (モーニングコミックス) Kindle版 P11~P13

ちなみに興味のある方は「ととのうとは」とかでGoogle検索されると、サウナ関連の記事が色々とヒットしますので、読んでみるのもいいかもしれません。これらの記事を読み終わったあかつきには、あなたもきっとサウナに行きたくなっているハズです…。

で、まぁ、そういう風にして僕は2~3年前くらいに「ととのう」という状態の事を知りまして、それ以来、頻繁にサウナ施設に通っていたわけです。

ちなみに2~3年前は僕は名古屋市に住んでいまして、何故か名古屋はそういう施設が充実していましたのでサウナ生活に困る事はありませんでした。特によく行っていた施設は以下の2つ…。

「ウェルビー今池」は男性専用施設だったのですが、異常に充実した温泉・サウナ施設が楽しめます。「天然温泉アーバンクア」は広大な施設で男女ともに楽しめるスパ施設です。当時、住んでいた家から近かったので、よく行っていました。いやぁ、どちらも良かったですね。

ただ、この様な施設を楽しめていたのも今は昔…。
今、僕って収入がほぼゼロ円状態なので、サウナに費やすお金すら惜しい状態なんですよね。

ちなみに脱線しますが「あ、もしかして僕って今、ワーキングプアって状態なのかな?」と思ってググってみたら以下の様な説明をしているサイトを見付けました。

ワーキングプアとは一般的に年収200万以下で月給約15万円程度の世帯を指すようです(無論明確な基準ではありません)。

ワーキングプアとは年収200万円以下の人|問題点と抜け出す方法まとめ|債務整理ナビ

そうか、月給15万円…そんなにあるわけない…。
というわけで、今の僕はワーキングプアにも満たない何か他のモノであるようです。
まぁ、それもこれも全て独立したのが悪いんですけどね。自業自得ですわ。

話を戻します。
金銭的にそんな状態なので、大阪に引っ越してきてから、まだ、一度もサウナ施設には行っていないのです。あと、僕は今、大阪の箕面市に住んでいるのですが、ここ、実はあんまりサウナ施設が無いんですよね。もちろん、梅田まで足を運べばいくつかありますけども。サウナだけを目的に梅田に行くのは、ちょっと遠いかな?という感じもあります。

ただ、最近、サウナ欲の高まりを感じていまして…。どうも「ととのい」たくて仕方ないんですよね。明らかに「ととのったMAGAZINE」の影響なのですけども。

で、僕は思いついたわけです。
「わざわざサウナにいかなくても、昨今の気温は30度を超す暑さだ。外を歩くと汗が噴き出る。これはもしかするともしかするのでは…?」と。相変わらずの天才的ひらめきです。

というわけでさっそく「クーラーを止めた状態で窓を閉め切って、部屋を猛烈に暑くする」という「自家製サウナ」を作って実験してみました。結果、ものすごい勢いで汗は噴き出るのですが、やはり「自家製サウナ」だけでは水風呂&外気浴という「ととのう」ために必要な条件が満たされていないからか、ただただ、暑く、不快なだけでした。全然、ととのわない。それどころかリアルに体調が悪くなりつつあったので、すぐに実験は中止しました。何が「天才的ひらめき」だ。危うく死ぬところだったわ。

というわけなので皆様におかれましても、残暑が厳しい昨今においてはキチンとクーラーをつけて、温度的に快適な環境を維持する事を意識された方がよいかと思います。さもなければ熱中症などになってしまい「耳鳴りが鳴り止まないっ」みたいな状態になってしまう可能性も無きにしも非ず…。

よかった。最後の最後でムリヤリながら「ロックンロールは鳴り止まないっ」と関連付ける事が出来ました。これでこの文章も上質なコンテンツとなりましたね。

本日もふらとぴに訪問頂きありがとうございます。
少しでもお楽しみ頂ければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました