【Daily Choppy !】第277回:今の変化はすでに不可逆的だと思う

Daily Choppy ! アイキャッチ画像2Daily Choppy!

こんにちは。チョッピーです。

今回の記事について

今回はチョッピーが買い物に出かけて感じた事を書いていく随筆です。

僕達は長期にわたって新型コロナウイルス対策をし続ける必要がある

政府が緊急事態宣言を発出してから1週間以上が過ぎました。緊急事態宣言の解除予定の5月6日まで残り3週間ほどです。

とはいえこの期限は暫定的なモノです。今後、延長される可能性もあります。延長がされなかったとしても、北海道の様に2度目の緊急事態宣言(正確には「北海道・札幌市緊急共同宣言」)が出される可能性もあります。

結局のところ今回の問題はワクチン・治療薬が開発されるまでは根本的な解決にはならず、今後も僕達は「新型コロナウイルスにかからない・うつさない」を心掛けた生活を長期間にわたって送り続ける必要があるのでしょう。

ちなみにハーバード大学によると新型コロナウイルスの流行は2022年まで続く可能性があるそうです。

新型コロナの流行「2022年まで続く可能性」米研究者(20/04/15)

研究では「現在の医療の力では感染の流行が2022年まで続く可能性がある」と結論付けています。感染拡大を防ぐために他人と距離を取るソーシャルディスタンスについて強制することが有効なものの、解除する度に反動で感染が広がる懸念があり、2022年まで断続的に人間の行動を抑制する必要があると指摘しています。

新型コロナの流行「2022年まで続く可能性」米研究者(20/04/15)|YouTube

なので僕達も「長期間」の具体的な目安としては2022年までの2年間ほどを覚悟しておいた方がよいのでしょう。

日常生活がそれ以前とはすでに変わっている

2年間ほどにわたり新型コロナウイルスとの闘いを覚悟する必要がある。具体的には不要不急の外出や3密を避け、手洗い・うがいを徹底する様な生活を続ける事になるのでしょう。

とは言え、日常生活を送るために必要な外出はどうしても必要です。僕もほぼ毎日、食事の買い出しのために外出を行っています。今日も夕飯の買い出しに市内の業務スーパーとドン・キホーテに向かいました。

そこには平日にも関わらず多くの人が買い物に来ていました。お客さんの中には普段の平日には目にする事が少ない子供連れのお父さんや夫婦の姿もありました。

これは、その風景を見た時に感じた事を呟いたツイートです。

僕達はもうコロナ以前の世界には戻れない(だろう)

ツイートにも書きましたが、すでに僕達の生活はコロナ以前とは様変わりしてしまっています。

すでにデスクワークはオフィスを必要としていません。自宅はプライベートだけの空間ではなくなりました。飲食店での食事を気軽に行う事も出来ません。その代わりにテレビ会議システムを活用したオンライン飲み会が普及しました。

この変化は好ましいモノもあれば、好ましくないモノもあるでしょう。しかしながら、僕達はすでにこの変化を体験してしまいました。1度、体験してしまったモノは元通りには戻りません。

さらに今回の変化は前述したように長期間(2年間ほど)に渡り継続します。それほどの長期間にわたり継続する変化を経てから、元の世界に戻る事は、おそらくないでしょう。

もちろん今の世の中の形が新型コロナウイルスとの闘いにおける最終形であるとは言えません。各企業が営業自粛をしなくとも新型コロナウイルスの感染拡大を防止できるような運用が確立される可能性もあるでしょう。

僕達の生活は今後も速いスピードで変化し続ける事でしょう。そして、もう、それ以前の世界には戻れません。

このようなパラダイムシフトを経験できる機会は、そんなに頻繁にある事ではないと思います。ポジティブな要因によるものではないのが残念ですが、だからと言って、それを嘆いていても何も好転はしません。変化自体を楽しんで生きていきたいですね。

本日の締め

今回はチョッピーが買い物に出かけて感じた変化について書き綴ってみました。10年に一度くらい大きなパラダイムシフトが訪れる感じがありますね。

本日もふらとぴにお越し頂きありがとうございます。

ラディカルな変化は外圧でしか起こせないのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました