【Daily Choppy !】第1113回:業務スーパーの「国産冷凍鶏肝(2kg)」は激安(248円)ながら大容量すぎて4リットル以上のパテが作れるぞ!【しかも美味い】

Daily Choppy ! アイキャッチ画像2Daily Choppy!

こんにちは。鶏肝大好き、チョッピーです。

業務スーパーの「国産冷凍鶏肝(2kg)」は激安(248円)ながら大容量すぎて4リットル以上のパテが作れるぞ!【しかも美味い】
業務スーパーの「国産冷凍鶏肝(2kg)」は激安(248円)ながら大容量すぎて4リットル以上のパテが作れるぞ!【しかも美味い】

前書き

連日暑い。

こんな日が続くと、梅肉でも使ったサッパリとした料理を作りたくなる。

なので、業務スーパーに向かった。

チョッピー
チョッピー

業務スーパーには「しそ漬け梅肉」という安価で使いやすい梅肉が売られているのです。

「しそ漬け梅肉」を念頭に置きながら、業務スーパーを物色していると…

国産冷凍鶏肝
国産冷凍鶏肝

2kg で 248円!?

チョッピー
チョッピー

はぁ~? ふざけてるの? こんなの「買い」の一択でしょ!

というわけで買った。

今回は業務スーパーの激安「国産冷凍鶏肝(2kg)」の使い勝手をレポートします!

なお、「しそ漬け梅肉」は買い忘れた。

国産冷凍鶏肝(2kg)

最初に注意!

本記事には大量の鶏の生肉の画像が掲載されています。生肉の画像が苦手な方などはお気を付けください。

というわけで、ご了承頂ける方だけ続きをご覧下さい。

鶏レバーのパテ

今回は業務スーパーの「国産冷凍鶏肝」を使って鶏レバーのパテを作る。

チョッピー
チョッピー

チョッピーは肉の臭みが苦手。なので、今回のパテは「肉の臭みを消すこと」に重点を置いて作っています。

下準備 – 解凍

最初に大事な点から。

国産冷凍鶏肝は当然ながら冷凍されている。

冷凍されている
冷凍されている

なので、これを使うためには解凍が必要。

ただ、この商品に限らないのだが、冷凍肉は解凍する際にどうしても霜がついたりドリップがにじんだりしてしまう。

なにかしらの対策が必要だ。

今回は業務スーパーのレジ袋に包んで冷蔵庫に保管してみた。

業務スーパーのレジ袋に包んでみた
業務スーパーのレジ袋に包んでみた

結果、

解凍されるとこんな感じ
解凍されるとこんな感じ

無事に解凍できた。

チョッピー
チョッピー

僕の解凍方法がよろしくないのかもしれませんが、レジ袋内にはかなりのドリップがにじんでいました。レジ袋に包んでいなかったら冷蔵庫中がヒドい有様になっていたでしょう。皆様もこちらの商品を解凍される際には、なにかしらの対策を施される事をおススメします。

材料

今回、作るパテの材料は次の通り。

  • 国産冷凍鶏肝:2kg
  • にんにく:大量
  • 玉ねぎ:中サイズ4個
  • 有塩バター:300gくらい
  • ブラックペッパー:30g
  • おろしショウガ:100gくらい
  • オレガノ:10g
  • ローズマリー:10g
  • タイム:7g
  • ウスターソース:100mlくらい
  • 赤ワイン:500mlくらい
  • 生クリーム:400ml
  • 牛乳(臭み抜き用):適量
材料の一部
材料の一部

それぞれ紹介していく。

袋から出した
袋から出した

国産冷凍鶏肝を全て袋から出すと、上の写真のような感じ。今回はこれを全て使う。

大量のにんにく
大量のにんにく

大量のにんにく。業務スーパーにこの形で売られている。今回はこれを全て使う。

むき玉ねぎ
むき玉ねぎ

玉ねぎ。業務スーパーにこの形で売られている。今回は中くらいのサイズのモノを4個使う。

有塩バター
有塩バター

有塩バター。(袋に入った状態の写真は撮り忘れました)

今回は300gくらい使う。お好みに応じて量を増やしても良いと思う。

ブラックペッパー
ブラックペッパー

ブラックペッパー。業務スーパーにこの形で売られている。

あらびきの方が使いやすいと思う。今回は写真の商品の一袋分、全て使う。

おろしショウガ
おろしショウガ

おろしショウガ。業務スーパーにこの形で売られている。

今回は100g分くらい使う。お好みに応じて量を増やしても良いと思う。

オレガノ・ローズマリー・タイム
オレガノ・ローズマリー・タイム

各種感想ハーブ。業務スーパーにこの形で売られている。

今回はそれぞれ一瓶分、全て使う。

ウスターソース
ウスターソース

ウスターソース。業務スーパーで買える。

今回は100mlくらい使う。お好みに応じて量を増やしても良いと思う。

赤ワイン
赤ワイン

赤ワイン。業務スーパーで買える。

今回は500mlくらい使う。お好みに応じて量を増やしても良いと思う。

生クリーム
生クリーム

生クリーム。業務スーパーにも売られているけど、今回は売り切れていたのでメガドンキで買った。

今回は400ml使う。お好みに応じて量を増やしても良いと思う。

牛乳
牛乳

牛乳。業務スーパーにも売られているのだけれど、買い忘れたのでメガドンキで買った。

これは下処理用。パテには直接は使わない。

下処理 – 臭み抜き

さっそく、解凍済みの鶏肝に下処理を施していく。

ハツがくっついている
ハツがくっついている

こちらの鶏肝にはハツがくっついている。

パテにはハツは使わない。なので、まずはこちらを包丁でレバーとハツに切り分ける。

切り分けるとこんな感じ
切り分けるとこんな感じ

この調子で全ての部位を切り分けると、

全てきり分け済み
全てきり分け済み

このくらいの分量になった。

チョッピー
チョッピー

ハツはどこか別の場所で保管するなり、別の料理に使うなりしてください。

ここから2段階でレバーの臭みを抜いていく。

まずはレバーの全面に塩を振る。

塩を振る
塩を振る

その後、水を加え10分ほど放置して

血液が水に流れる
血液が水に流れる

真っ赤に染まった水を捨て、レバーを流水でよく洗う。

その後、牛乳を加え

牛乳に漬け込む
牛乳に漬け込む

30分ほど漬け込む。

その間に別の食材を使った調理の工程に進む。

調理

まずはニンニクを全てミキサーにかける。

ニンニクをミキサーにぶち込む
ニンニクをミキサーにぶち込む

ぎゅいーん。

ミキシングされたニンニク
ミキシングされたニンニク
チョッピー
チョッピー

ミキサーではなくフードプロセッサーでも構いません。個人的には強力なミキサーを使った方が舌触りが滑らかになるので好きです。

次は玉ねぎを

玉ねぎ4個
玉ねぎ4個

ざく切りにして

ざく切り
ざく切り

ニンニクと同じくミキサーにかける。

玉ねぎをミキサーにぶち込む
玉ねぎをミキサーにぶち込む

ぎゅいーん。

玉ねぎジュースになった
玉ねぎジュースになった
チョッピー
チョッピー

なお、ミキシングがスムーズになるように水も少量、加えています。

その後、有塩バターを切り分けて…

有塩バター
有塩バター

にんにく・タマネギ・有塩バターを全て鍋に加え

鍋にニンニク・タマネギ・有塩バターを加える
鍋にニンニク・タマネギ・有塩バターを加える

煮込む。

バターが溶けるまで煮込む
バターが溶けるまで煮込む
チョッピー
チョッピー

ムチャクチャ良い香りが漂っています。

ここにレバーを加える。

牛乳に漬け込んでいたレバー
牛乳に漬け込んでいたレバー

事前に塩水で血液を抜いていたせいか、牛乳はあまり赤くなっていない。

こちらの牛乳を全て捨て、レバーを流水で洗う。

牛乳を洗い流したレバー
牛乳を洗い流したレバー

こちらを鍋に加え

レバーを鍋に加える
レバーを鍋に加える

さらに煮込む。

チョッピー
チョッピー

ここでレバーの臭みがそれなりに漂います。換気扇は忘れずに回しておきましょう。

レバーに火が通り、白くなったら

レバーに火が通って白くなった
レバーに火が通って白くなった

ブラックペッパー・オレガノ・ローズマリー・タイム・おろしショウガを全て加え

ブラックペッパー・オレガノ・ローズマリー・タイム・おろしショウガを加える
ブラックペッパー・オレガノ・ローズマリー・タイム・おろしショウガを加える

かき混ぜ

混ざった状態
混ざった状態

赤ワインとウスターソースを加え、さらに煮込む。

煮込んだ状態
煮込んだ状態
チョッピー
チョッピー

ここでレバーの香りはなくなります。

水分が飛び、煮詰まってきたらミキサーにかける。

ミキサーにぶち込む
ミキサーにぶち込む

ぎゅいーん。

滑らかになる
滑らかになる

ミキシングしたモノを鍋に戻し、さらに煮詰める。

煮詰め続ける
煮詰め続ける

かなりドロッとしてきたら生クリームを加え

生クリームを加える
生クリームを加える

混ぜる。

マーブル状態
マーブル状態

完全に混ざったら、沸騰しないように混ぜ続けながら、さらに煮詰める。

生クリームを加えて煮詰めた状態
生クリームを加えて煮詰めた状態

全てが煮詰まってドロドロになったら、それを別容器に移して冷蔵庫で冷ます。

別容器に移して冷やす
別容器に移して冷やす

ちなみに、この容器の容量は2.2リットル。

2.2リットルの容器
2.2リットルの容器

それが2箱分ある。

2.2リットル × 2箱
2.2リットル × 2箱

計、4.4リットルのパテが出来た。

これでしばらく鶏レバーのパテには困らないだろう。

チョッピー
チョッピー

腐らせないうちに食べきりたいです。

おまけ – 鶏ハツのワイン煮込み

さて、レバーと切り分けたハツが余っている。

ハツ
ハツ

捨てるのはあまりにもったいないので、こちらを使ってもう1品作ってみよう。

チョッピー
チョッピー

パテを冷ましている間に作るのをおススメします。

まずハツを中心から切り開く。

血が入っている
血が入っている

すると、内部に血液が入っているので、これを全て洗い流す。

チョッピー
チョッピー

臭みの原因なので、絶対に洗い流しましょう。

全てきり開いて洗い流した
全てきり開いて洗い流した

その後、フライパンでバターを溶かし、それでハツを炒め、塩・胡椒・赤ワインを加えて煮詰める。

出来上がりがこちら。

色が悪いが味は良い
色が悪いが味は良い

見た目はアレだが、臭みもなく、味わいは大変よい。

実食

冷蔵庫で冷まし終わったパテは、パンなどに塗って食べる。

パンに塗って食べる
パンに塗って食べる
チョッピー
チョッピー

激ウマ! 臭みも全くない!

とても美味しい。

とても美味しいが、これがまだ4リットルある。

2.2リットル × 2箱
2.2リットル × 2箱
チョッピー
チョッピー

腐らせないうちに食べきりたいです。

感想

「国産冷凍鶏肝」は激安・大容量で、解凍後は通常の鶏レバーと全く変わらず使える最高の商品。

ただし、あまりに量が多すぎるので、料理も大量に出来る。

2.2リットル × 2箱
2.2リットル × 2箱

食べきる自信が無い方はお気を付けて。

チョッピー
チョッピー

腐らせないうちに食べきりたいです。

公式情報

業務スーパーの「国産冷凍鶏肝(2kg)」は、なぜか業務スーパーの公式サイトでは紹介されていない。そのため公式情報はご紹介できない。

チョッピー
チョッピー

どうして紹介されていないのかは不明です。

今回の締め

今回は業務スーパーの「国産冷凍鶏肝(2kg)」をご紹介しました。

本日もふらとぴにお越し頂きありがとうございます。

今日からしばらくパテを食べ続ける生活に突入です。

タイトルとURLをコピーしました