【Daily Choppy !】第306回:CHOPPY’Sキッチン第4回

Daily Choppy ! アイキャッチ画像2Daily Choppy!

こんにちは。チョッピーです。

今回の記事について

今回はチョッピーが最近、作った食事を写真+簡単なレシピと共に紹介していく「Daily Choppy !」内のミニ企画「CHOPPY’Sキッチン」の第4回です。前回の記事はこちら↓

CHOPPY’Sキッチン

今回のCHOPPY’Sキッチンは「安くて簡単、見た目が悪い!」な料理を全6品ご紹介します。

ブリの白子ぽん酢。(ぽん酢かけるまえ)

ブリの白子ぽん酢。(ぽん酢かけるまえ)
ブリの白子ぽん酢。(ぽん酢かけるまえ)

業務スーパーで大量かつ安価で売られていたブリの白子を買って作りました。ブリの白子は鱈の白子などより臭みが少なく扱いやすいのに普通に美味しくて便利です。

レシピ

  1. ブリの白子を流水で洗い血管や薄膜を取り除く
  2. 変色している部分を切り取り、一口大にカット
  3. 酒に30分ほどつける
  4. 水・白だし・鷹の爪を混ぜ沸騰させブリの白子を投入し軽く茹でれば完成

ブリの白子ぽん酢の茹で汁を再利用して作ったすまし汁

ブリの白子ぽん酢の茹で汁を再利用して作ったすまし汁
ブリの白子ぽん酢の茹で汁を再利用して作ったすまし汁

名前の通りの料理です。ブリの白子は茹でる前に酒で臭み抜きをしているので臭みは残っていません。そもそもブリの白子はあんまり臭みがない。美味しい。

豆腐は手でちぎって投入し、長ネギは手で折ってください。そうする事で包丁を使わずに料理が出来るので洗い物が少なくなります。

レシピ

  1. ブリの白子の茹で汁に白だし・豆腐を投入
  2. 適当に茹でたところで長ネギを投入、さらに茹でる
  3. お好みの茹で加減になったら完成

チキン南蛮

チキン南蛮
チキン南蛮

この料理はCHOPPY’Sキッチンの掟破りです。つまり「安くて簡単、見た目が悪い!」に全く該当しません。いや、安いのは安いのですが全く簡単ではなく見た目も良いです。良いですよね?

というのも、今回の料理は僕のオリジナルレシピではなくキチンと他のレシピサイト(kurashiru)を参考に作ったからです。とても大変でしたが半端なく美味しいチキン南蛮が出来ました。どこのレストランで食べたチキン南蛮よりも美味しかったです。

レシピ

以下のページを参照ください。

定番 チキン南蛮 作り方・レシピ | クラシル
「定番 チキン南蛮 」の作り方を簡単で分かりやすい料理レシピ動画で紹介しています。絶対おいしい定番のチキン南蛮レシピのご紹介です。電子レンジで簡単に作ったタルタルソースと、甘酢タレをからめたジューシーな鶏もも肉の相性が抜群です。ごはんがすすむ、ボリューム満点のおかず料理です。ぜひ作ってみてくださいね。

ホルモン塩焼きそば

ホルモン塩焼きそば
ホルモン塩焼きそば

業務スーパーで一袋19円で売られている焼きそばとMEGAドンキで売られている安いホルモンを使って使った塩焼きそばです。油が多すぎでちょっと重い。いや、だいぶ重い。

レシピ

  1. お好みの野菜を適当にカットする。今回はネギとピーマンをチョイス。
  2. ホルモンをフライパンで炒める
  3. ある程度、炒めてホルモンから油が出てきたらカットした野菜を投入
  4. 野菜がしんなりしたら袋焼きそばを投入
  5. ほぐしながら炒めて火が通ったら適当に味塩コショーをふりかけて完成

鶏モモ肉のぶつ切りチキンステーキ

鶏モモ肉のぶつ切りチキンステーキ
鶏モモ肉のぶつ切りステーキ

チキン南蛮の残りの鶏モモ肉をぶつ切りにしてオリーブオイルで炒めただけのチキンステーキ。シンプルに美味しい。

レシピ

  1. チキン南蛮を作る
  2. 残った鶏モモ肉を一口大にカットして酒につける
  3. フライパンにオリーブオイルをひいて鶏モモ肉を酒から取り出し炒める
  4. 鶏モモ肉に火が通ったら適当に味塩コショーをふりかけて完成

カンパチの刺身

カンパチの刺身
カンパチの刺身

この料理も若干、CHOPPY’Sキッチンの掟破りかもしれません。たぶん、安くない。何故「たぶん」かと言うと今回の食材、僕が買ったのではないから値段がわからないのです。実家から送られてきました。感謝。味は非常に美味しかったです。

レシピ

  1. 実家からカンパチのサクを送ってもらう
  2. お好みのサイズにカンパチをカットすれば完成

今回の締め

今回は「Daily Choppy !」内のミニ企画「CHOPPY’Sキッチン」の第4回をお送りさせて頂きました。本日の夕飯の参考になれば幸いです。

本日もふらとぴにお越し頂きありがとうございます。

家庭料理に見た目は不要! コスパと味さえよければよい!

タイトルとURLをコピーしました